大雄山最乗寺・道了尊〜明神ケ岳

  • 2020.06.29 Monday
  • 20:20

梅雨の晴れ間を逃さずに今日もハイキング。

今回は「大雄山最乗寺・道了尊」から「明神ケ岳」

 

 

昨日の雨はすっかり上がって徐々に晴れてきましたが。

またもや厚い雲や霧で景色には恵まれませんでした。

 

 

「大雄山最乗寺」のパーキングを目指して3時半出発。

登山後に立ち寄る予定の新しい道の駅「金太郎のふるさと」へ。

ここでトイレとか準備とか。

 

 

「大雄山最乗寺」の駐車場はあまりに広くてどこへ駐車していいのやら迷いました。

観光参拝に便利なメジャーエリアに置いたようで、登山の場合は一番下エリアが便利でした。

 

 

5時40分駐車場出発。

本堂を見学しつつ。

 

 

階段を降りると「和合下駄」

その先の橋を渡ると登山道入り口です。

5時47分出発。

 

 

出だしは荒れていて急です。

その後なだらかに。

水の流れで出来たV字溝が数多くあり滑って歩きにくいです。

ココはまだよいほう・・・幅が細くてモデル歩きになるところも(笑)

 

 

6時43分「見晴小屋」

もう使われていません。

何も見晴らせませんでした・・・。

ジトジト暑い暑い。

 

 

7時07分

水音が聞こえ始めたら「神明水」

冷たくて最高!!

 

 

7時50分

「明神水」この手前は崩落で荒れてる上滑るので要注意でした。

 

 

8時20分「明神ケ岳」

総じて穏やかですが頂上直下はかなりの急登が続きました。

わ〜〜い!何にも見えないぞ。

 

 

いつもおむすびじゃ飽きるので今日はお弁当♪

ぎっちり詰め込んできたのでここで半分食べました。

スノーピークのフォールディング箸を引っ張り出しアウトドア気分。

転がるし部品は落としそうだし次回はないです(笑)

現在4180円もするんだって・・・大切に持ってよう。

 

 

45分休憩して9時04分出発。

その頃「大涌谷」が見えてきました!

火口の上空をロープウエイが行ったり来たりしてました。

観光客戻ってきたようです。

 

 

ココから「金時山」方面へ向かう尾根はスペシャル気分良し♪

前回ここに歩いてきた「金時山」(右端)からの稜線がよく見えました。

 

 

9時18分

「大雄山最乗寺」への分岐です。

山地図には載っていませんが前回この分岐を発見してたので行ってみます。

ピストンせずに「奥の院」を周回できるのは良いです。

 

 

出だしは道が荒れていましたがその後は気分良い登山道が続きました。

10時24分林道分岐。

ちゃんと横断歩道がありますが車が通るのかは不明。

 

 

ここまでに出会った登山者3人。

コロナを忘れる時間は気持ちが晴れます。

 

 

10時54分「奥の院」

ちょっと休憩。

ここまでくると観光客がいっぱいいました。

 

 

この階段を下りてきました。

てっぺんの「奥の院」が霞んで見えません。

ご利益があるのかご高齢のかたも息絶え絶えで登ってきます。

 

 

11時09分「大雄山最乗寺」の境内に戻ってきました。

デカッ!

 

 

スゴイ規模の大きなお寺で自然との融和が素晴らしい。

特に紅葉の時期は美しいとのこと。

その頃も来てみたい。

 

 

ココからは月曜日というのに人が多くてマスクワールド。

してない人が多くてびっくりです。

みなさま気が緩んできたかな。

 

 

11時20分駐車場に戻る。

お弁当の半分を食べゆっくり休憩。

 

 

実は今日の目的は「道の駅 金太郎のふるさと」で野菜を買うこと。

なのになのに・・・オープン間もなくで(26日)大人気。

周囲の道が大渋滞で入店待ちの車が大行列。

待つのも密も嫌なので敗退。

 

 

ちょっと先の農産物直売所「JA朝どれファーミ」で野菜買えました。

 

 

今は登りがメインなんで心地よい軽めのハイキングになってよかった。

何より晴れずに涼しかった。

晴れて景色も見たいけどこの時期は涼しさも大事。

また梅雨の晴れ間に。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM