BLOG☆mo-chan.com

50でクライミング始めていまだに大好き♪

まだ進化すると信じて日々精進。

ガンバだよ!60代!

モーママのブログへようこそ♪
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
二子☆秋・冬・春備忘録

昨年は夫婦で肩を故障して秋シーズンをジムで過ごしてました。

ちょこちょこ易しめな岩場には行きましたが。

11月下旬になってそろそろ本格的に岩場再開希望。

 

 

今までのうっぷんを爆発させたい気持ちが強くて。

リハビリには向かないけど行くだけで立ち直った感アリの二子へ。

あれから半年〜〜二子通い。

充実してた。

 

 

梅雨入りしてひと段落。

備忘録を作ってみようかと。

 


<秋シーズン>

 

 

11月頃はまだ肩が正常に動かず恐る恐るのトライが続きました。

結果的にはモチベーションがあがり体もそれに応えてくれました。

好きなことやってれば治りは早い(個人的見解です)

 

 

2018.11.14・・・祠エリア。「話がピーマン」「アルケオロジー」「シリアル」「孫悟飯」

 

2018.11.15・・・弓状エリア。「ノースマウンテン」開始。

 

2018.11.16・・・紅葉がきれいだった。ころ柿ゲット。「ノースマウンテン」絶賛トライ。

 

2018.11.26・・・冬の気配。「ノースマウンテン」そろそろ固まった。

 

2018.11.27・・・「ノースマウンテン」やっと1テン。

 

2018.12.7・・・「ノースマウンテン」停滞。「オララー」×ムズイ。

 

2018.12.19・・・結膜化出血に長いこと悩まされる。「ノースマウンテン」RP

 

2018.12.20・・・「ホテル二子」RP

 

 

<冬シーズン>

 

 

厳冬期は気温も下がらず晴天続き。

雪も降らずで快適な二子通いが出来たのが超ラッキー。

雪に備えてチェーン購入。

 

 

2019.1.17・・・「モダンラブ」開始。16時過ぎると強烈に寒い。

 

2019.1.18・・・氷柱の季節。あまりの寒さに祠エリアに逃げる。「ごんべい」

 

2019.1.23・・・マイナス6℃。林道は雪で初チェーン。「モダンラブ」出だし核心マスター。

 

2019.1.30・・・「モダンラブ」RP

 

2019.2.7・・・最高気温17度に誘われて。「ペトルーシュカ」開始。

 

2019.2.20・・・春の一日。半袖。「ペトルーシュカ」まだ核心へ突入以前。

 

2019.2.21・・・「ペトルーシュカ」固めた。次こそは。

 

 

 

<春シーズン>

 

 

父の死と母の認知症進行で外岩どころではなかった。

1か月半空いてしまった。

暖かくなったのもあるのか。

肩の調子が良く思い切ったトライができるようになった。

以前より肩甲骨を動かせるようになって登りにも変化が。

 

 

2019.4.4・・・季節は春爛漫。桜も美しい季節。「ペトルーシュカ」思い出し。

 

2019.4.5・・・暴風。湿度低く砂漠。「ペトルーシュカ」核心落ちで1テン。

 

2019.4.11・・・前日は春の雪。「ペトルーシュカ」RP。「火の鳥」開始。

 

2019.4.12・・・「ペトルーシュクア」お呼びじゃなく敗退。「火の鳥」探り。

 

2019.4.18・・・高温砂漠。「火の鳥」まとまらず。

 

㉑2019.4.19・・・「火の鳥」上部核心固めた。

 

㉒2019.4.26・・・雨と濃霧で登山口敗退。悪天候敗退はコレ1回のみだった。

 

㉓2019.5.7・・・「火の鳥」思い出し。下部迷いに終止符。でも終了点前落ち。

 

㉔2019.5.8・・・「火の鳥」RP

 

㉕2019.5.9・・・「SVP」開始。中間部コルネ濡れてポタポタ。

 

㉖2019.5.15・・・「SVP」全体モヤモヤ。

 

㉗2019.5.16・・・新緑がぎっしり&ツツジ可愛い。「SVP」下部ヌメリひどし。やっと形に。

 

㉘2019.5.27・・・朝から半袖の高温砂漠。「SVP」今日からヌンがけ。

 

㉙2019.5.28・・・「SVP」染み出しと滑りにモチさがり。気持ち立て直し最終便でやっと全部見えた。

 

㉚2019.6.3・・・「SVP 」RP

 

㉛2019.6.4・・・「おいしいよー」開始。

 

 

まだ宝の山の二子。

秋にはまた通えるように日々精進。