BLOG☆mo-chan.com

50でクライミング始めていまだに大好き♪

まだ進化すると信じて日々精進。

ガンバだよ!60代!

モーママのブログへようこそ♪
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
神楽峰&東谷山でバックカントリー
週末はまた山に行っていました。今度はバックカントリーです。
土曜日は2人で晴天の神楽峰。日曜日はガイドツアーで湯沢の東谷山。
充実した2日間でした。

神楽峰の一日

今日はこっち登ります
神楽峰は2度目です。今回は中尾根コース行きます!

続きを読む >>
ママ流WAX
12日日曜日にバックカントリーのツアーに参加する予定。
場所は新潟県湯沢町の東谷山だそうです。
先日の富士山双子山で見るも無残に傷ついたボードを見て見ぬ振りしていましたがさすがにツアーともなると恥ずかしい・・・

エッジのメンテはできませんがホットワックスは自分でやります。
でもワックスを入れるまではいいけど剥がすのっていやですよね〜〜。
ワックスのカスが風速0メートルじゃないと飛んでいくし室内でやったら1ヶ月くらいは床が滑って危険。
かといってゲレンデで剥がそうにも低温で堅くなって一苦労だし。

やる気が全く起きないけどブログにアップすればちょっと楽しい♪頑張って重い腰を上げました。
当然我が家は私が2本メンテします。パパっていい身分でしょ?

昔からやっている「ママ流WAX」を紹介しますね。
ただしこの技は使い古したもう思いいれはそんなにないけどたまには愛情こめてという板に使います。
厳密にやっている方怒らないでください。
そうそう女性の方も彼やパパに任せず自分でやると板に愛情がわきますよ!

まずは道具を用意して・・・
今日使う道具です


続きを読む >>
かなり昔
お〜〜っ!
今日こんな写真を発見しました。推定15年前・・・かな。
場所は奥利根国際スキー場。まだスノーボーダーが100人中1人いるかいないかの時代。
というかスキー場にいるかいないかでした(笑)もうヒーロー&ヒロイン!
滑走可能なスキー場がなくて苦労しました。
このウエアーすごいよね(汗)ボードのウエアーなんてないからスキーウエアーです。
どこで買ったのか変なハードブーツに土管みたいな板。サイドカーブがないから曲がれないんですよ。エッジはあったけ?(中央は上手な友人のハイテク板)
この頃は体全体で曲がっていた・・・手のポジションは万歳ポーズ。クネクネたこ踊りみたいな滑り方。
懐かしいなぁ〜〜。
でもこの板ってバックカントリーには最適かもね。ノーズは尖って刺さりづらいし深雪だったらあまり曲がらなくていいからサイドカーブも不要。エッジも要らない。

スノーボードって開発された頃はきっと裏山の深雪で遊ぶ道具だったのだと思う。

これが私のバックカントリーへの第一歩でした。
ついに!富士山
本日お天気もよさそうなので富士山にバックカントリーに出かけました。
家から1時間ほどのところでバックカントリーとは信じていませんでした。

自宅から富士山を見ると左中腹にでぱった山「宝永山」が見えます。
その下方に位置する小さな二つの山が双子山1900メートル。
バックカントリー初心者向きということでアタックです!
御殿場登山道入り口からのハイクアップスタート!
自宅付近から見る真っ白なな富士山とは違って雪少ないんですよ(涙)

たぶんスノーシュー散歩で終わるのではないかと・・・
でも気合を入れてスタートです。
とりあえずはスノーボードブーツで上ります。
富士山に向かって歩け!

最初は少し木々がありましたが後はずっとこんな感じの荒涼とした斜面ばっかり。
飽きました&疲れました。
森林限界を歩け!

今回はまるで春のよう。雪質は「モナカ」踏みしめると表面がサクッと割れて中は水分たっぷりなんです。
でも思ったより滑走距離も長く辛かった分の気持ちも晴れました。
今回は滑走シーンも激写(笑)しました。レポ頑張ります!
かぐらみつまたでバックカントリー
ピーカンです!
金曜日の深夜から出かけてかぐらみつまたスキー場のパーキングで車中2泊!
節約ツアーしてきました(笑)
車内は意外と暖かくてクセになりそうです。
土曜日は一日中大雪・・・止む気配もなくゲレンデで楽しみました。
今日はラッキーなピーカン♪ゴンドラ&リフトを乗り継ぎ頂上へ。
その後雲ひとつない中をハイクアップ!白馬の体育会系な雰囲気と違ってファミリーな雰囲気の中緊張もなく楽しめました。
雑誌などでも記されている通り初心者向けのちょうど良いコースでした。

写真はほとんど撮れませんでしたが後ほどレポートをまとめてみたいと思います。
やっぱり深雪に一眼デジカメはきついそうでコンデジが欲しくなりました。
GPSで足取り確認。
今日は横浜も大雨。雷もなっています。
久しぶりの自宅滞在でパパがハンディーGPSの使い方を学んでいます。
まずこんなことできました。
9日に歩いた足取りです。縮小したら見にくいですが面白いです。

白馬での足取り

最近のバックカントリーのルート本を購入するとオマケにGPSデータが付いていてダウンロードすればコースロスなく歩けそうです。
強い味方というわけですがやはり自然相手には知識と経験が必要ですね。
無事帰還
あけましておめでとうございます。
年越しキャンプで福島県の「レジーナの森キャンプ場」に行ってきました。
バックカントリーの舞台はキャンプ場から15分ほどの「グランディー羽鳥湖スキーリゾート」のクワッドリフト終点から登る「鎌房山」。
初心者にして2人きりの初雪山。
頂上までは1時間ほどでいけて途中までは管理道路伝いに歩けるという安全な場所だと見込んだ。
いろいろな方のブログなどで知りえた情報を元に歩き出す。
きついな〜〜
スノーボードって担ぐとこんなに重たいものなのかぁ〜〜。
一歩一歩踏みしめて歩く。厚着しすぎて汗ダラダラ。
この辺は道路になっており迷うことはない。
続きを読む >>
できれは使いたくない物
昨日今年最終営業のマイクスに行ってみた。
さすがトヨタさん!こんな早く閉めるなよ〜〜そして3日までしっかりお休みだ。
全く商売っ気がない・・・
使いたくはない・・・
折りしも品切れだったブラックダイアモンドのスノースコップが入荷されてきた。
リーズナブルで使い勝手もよさそうなので欲しかったブツである。
これはスノーキャンプでさまざまな場面で汎用性はある。
しかしプローブは雪崩で埋もれたとき刺して場所を確認するためのもの。
長さ230センチだけど実際の場面ではもっと長いものが必要らしい。
スタッフに「気休めにお一ついかがですか」と言われて買ってしまった。
できれば一生使いたくない道具だなぁ。

年末はいよいよバックカントリー元年になるが2人で行うのは危険だろうか?
石橋叩き割る私としてはこれだけ揃えてもまだまだ心配。
だってこんなの買っても2人で埋もれたら誰も助けてくれないよ。
ビーコン買うのはいいけど数人の仲間同士で電波を同調させて持ち歩かないと無意味だし。

でき得る範囲での用意周到&あきらめる勇気をもっていってみよ〜〜!!
ついにバックカントリー!
以前から温めてきたスノーボードでバックカントリーの夢。
本日急転直下実現へ進んだ。
今日パパが御徒町でこんなものを買ってきた・・・値段を聞いて仰天!
人間用のGPSだ。
GPS
それなら年末の福島で初体験してみようと倉庫で眠っていたボードを出してセッティングをした。
もともとバックカントリー嗜好だったのでいい感じで乗れるはずの板だ。
・・・が2年もブランクがあっていきなりはどうかな?
気象条件とも相談して決して無理のない計画をしようと思う。
久しぶりに登場

やれるうちに色々挑戦してみよう!!